メニュー

世界平和

[2019.10.29]

反戦運動をしている退役軍人の会、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパンhttps://www.facebook.com/pg/vfpjp/events/?ref=page_internal
の勉強会に参加してきました。

スピーカーは、ベトナム戦争当時に反戦活動に参加した元女性兵士スーザン・シュノール氏でした。

お話しの冒頭、彼女はアメリカが広島と長崎に落とした原爆や、東京大空襲のナパーム弾について、お詫びしておられました。そして、彼女のお父さんは第二次世界大戦の硫黄島で彼女が3歳の時に日本兵に殺されたんだとも言っていました。

戦争はすべての人に苦しみしか残さないと言っていました。

世界で初めて日本に使われたのは原爆だけではなくて、ナパーム弾もだそうです。ベトナムでもそれが使われました。ベトナムでは枯葉剤も使われました。

彼女はベトナムで行われている非道なことを知り、軍服を着たまま反戦運動に加わり、そのために軍法会議にかけられ、懲役5年の刑を受けたそうです。しかし、彼女は屈しませんでした。

彼女は来日し、10月27日に横須賀の米海軍基地の前で、米軍人たちに「あなた方がやっていることが、本当に平和のためになっているのですか?」と問いかけていました。

私は、とても説得力があることだと感じました。

しかし、彼女は自分が生きている間に、平和な世界を見ることはできないかも知れない、とも言っていました。どうして、こんなに、説得力のある、わかりやすい話が、世界中の人たちに受け入れられないのだろうかと、不思議に思いました。

 

それは、多分、「欲」のためだろうと思います。
世界中の人たちが、経済的な発展を望み、みんなが、もっと欲しいと思っているから、分け前を増やすために戦わざるを得なくなるのでしょう。

大量生産・大量消費の経済を回すために、武器を使って互いを脅しあっていなければならないのだろうと、そんなことを考えました。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME