メニュー

親子関係

[2020.12.08]

一般的に、子どもは、親に心配かけたくないと思っています。それどころが、親に認めてほしいと思っています。

それは、親を愛し、尊敬しているからです。

しかし、親は子どものことを心配します。そして、黙ってみていられなくて、アドバイスしたくなります。以前にも書きましたが、アドバイスは相手の否定です。だから、親の態度は、子どもの望みと全く逆になってしまいます。

心配するし、アドバイスするのは子どもを愛しているからです。

大人になっても、この関係が続いてしまうこともあります。

本当は、お互いを思いやっているはずなのに、反発しあう結果になってしまうのは悲しいことです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME