メニュー

責任

[2021.01.23]

「もの盗られ妄想」というのは、認知症の周辺症状の一つです。

大切なものをどこかに置き忘れてしまうのです。大切なものがなくなりやすいと、うすうす自覚しているから、いつもと違う場所にしまい込んでしまいます。そうすると、さらにどこにあるのかが分からなくなっていく悪循環に陥ります。

その状況に耐えられなくなると、誰かが盗んでいるに違いないと考えるようになります。疑われるのは、常にいつもそばにいる、身近で最も大切な人なります。家族は、たまらない気持ちになって、とうとう一緒に暮らせなくなってしまいます。

困りごとを身近な人のせいにするのは、認知症の人だけではありません。

例えば、仲の悪い夫婦は典型的です。自分がうまう行かないのは、最も身近にいる、妻や夫のせいだと信じてしまうのです。

あなたがうまく行かないのは、あなた自身の責任です。うまく行かないなら、それは、あなたが変わる必要があるということです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME